yomoyama D-side.

20131230

2013まとめ-top

年越しに向けてお掃除中のぷち姫。
ドールにはホウキを持たせておきながら己の部屋の片付けは早々に諦めました。
自分の代わりにお部屋を綺麗にしてくれるドール達なんてそんな夢みたいなお話し…
アゾンの「Lil’ Fairy」をお迎えすればいいのか。
ただでさえ切迫している待機場所に更なる人員を増やしてどうする;
でもお手伝いさんの3人揃ってる写真、可愛いなぁ~(おい)

ここからが本題になりますが、
PCのファイルを整理がてら見返してた所、そこそこの枚数の写真を撮っていることがわかりました。
そんな中で記事一つ分のネタにはならなかった写真や掲載する時期を逃してしまった写真など(要はボツ写真)全部ではありませんが今回はまとめてご紹介したいと思います。

以下続きから。

20131225

yomona-028.jpg

「はぁ~、やっぱり外は寒いなぁ」

yomona-029.jpg

「あ!来た…♪」

顔を見た瞬間、外の寒さも気にならなくなる心の温かさ。
よもちゃんをそんな風に思わせる相手は誰でしょうか。

恋人だなんて許さないよ。
いきなりの過保護発言は置いといて
多分普段は遠くで働いてる親御さんとかじゃないかなと…

今年があと10日を切った時点で自分の中で2013年は終わった気分しか湧かず
クリスマスが来たという自覚も気持ちもあまり無い為、去年よりかなり簡素な記事しか出来ないのが残念ですね;
やるべきことも、やりたいことも、まだまだ沢山あるのですが
その内クリスマスも年明けも自分の中では365日のうちの一日でしかなくなってしまう予感が。

クリスマスケーキ

と言いつつちゃっかり食べたケーキは美味しかったです。

yomona-30.jpg

皆さまは良いクリスマスを♪

20131214

今年があと半月くらいしか残ってないなんてシンジラレナーイという感じですが
自身も年末モードで珍しく慌ただしい日々を過ごしております。
そして少しでも時間があれば他所様でドールの写真を見て気付けば数時間後という。

ブログ更新も滞り気味ですが、ひとまず先週参加したアイドールの記事を上げたいと思います!

yomona-27.jpg

連れて行ったのはココシュロと、イベント参加は初のよもちゃん。
前日に服装であーだこーだ悩んだものの結局セーラーに落ち着きました(泣)
これが彼女にとっての正装だと思って良い事にしよう。
しかしあまりにもそれだけでは寂しい感じが否めなかったので
当日購入したマフラーを現地装着してあげました。
落ち着いた色が良い感じ!裾の方にはレースが可愛くあしらわれています。
今回のイベントは他にパーツばっかり買ってたな~;
服や小物類の充実を図るのは来年のドルショで…

続きから、げるさんが主催する撮影卓にお邪魔した時の写真になります。

イドル5-01

サンタさんに変身したうさこちゃんがお出迎え♪

20131209

kokosyuro-12.jpg

今回で最後となりますスタジオ撮影会の記事。
ラストを飾るのはオビツ11コンビです。
どこに行くにもとりあえずということでココシュロは連れて歩く機会が多いのですが
これが意外とよく活躍してくれるのです。
撮影会でも結構な枚数を撮っていて自分でも驚きました。
そんな小さい子のお気軽さに助けられつつ酷使し過ぎたせいか
現在はボディの劣化具合がとにかく半端ないのでどうにかしなくては。

記事の後半では他所様のお嬢様達の写真があります。
当日は周りに素敵な子達が沢山居たにも関わらず
自分の所の子で精一杯であまり撮れなかったのが残念でした;

以下、続きます。

20131207

yukino-11.jpg

引き続き、スタジオ撮影会の写真です。
今回はDDユキノです。

数ヶ月前に久々に会った友人(時々ココも見てくれてる)から
当ブログのDDのお姉さんが好きという大変有難いお言葉を頂きまして、
いつかちゃんとした場所でDDも改めて撮りたいなと思っていました。
もしかしたら好きと言ってくれたのは06ヘッドの六莉の方かもしてませんが;
自分がユキノ大好きなもんでつい…。

そして当日、ユキノの足がすっぽ抜けて戻らないというハプニングが発生。
原因は内部骨格の太もも部分のネジが外れたからでした;
そういえば数日前に腰パーツからなんかナットが出て来たんだけど
どこのやつか全くわからなくて放置してたんだよなぁ~
今思えば、ロボット組み立て終わったら一個パーツ余っちゃった☆レベルの
不味いフラグだったんだなぁ~…なんて
どう考えても暢気に構えてるとしか思えない考えをしつつ
主に人様の手助けもあり(駄目だこいつ)
ネジ穴にアイを固定していたひっつき虫をかませることで
紛失したナット代わりにして無事撮影会を乗り越えることが出来ました。
ちなみに自分は、ひっつき虫のことを彼岸島における丸太並みの信頼を寄せています。

非常にどうでもいい情報を残しつつ(ひっつき虫は本当に便利です)
以下続きから。