yomoyama D-side.

20170507

11っ子に被り物って可愛いな~と常々思うのですが、ダンボーさんに被り物させるのもイイ。

tino-03.jpg

以下、ヘッド無しボディのみの写真が出てきますのでご注意下さい。











SDN樹脂染料の茶色を使ってナチュラル肌のオビツ11ボディを染めてみました。

sennsyokubody.jpg

やり方は適当で、70度くらいの温度を保った染料液の中にバラしたパーツを好みの色になるまで浸しただけです。
染める必要のない首ジョイントや、染めるのが難しい手足はそのままです。
関節のツートンカラー化については、関節パーツを凹凸に分けて貰いそれぞれ浸す時間を変えてみました。
色味が違うのは仕方ないけれど色の濃さを同じにすれば違和感が軽減するのではと読んでいましたが、結果として違和感は…大分残っているかも(苦笑)
もっと濃く染めて見ればどうなるかわかりませんが胸パーツの所などは画像くらいの色が好みなので止めました。
組み立て直した時に間違って組んだ箇所があるのですが、色が違うとその辺もわかりやすいなぁ(笑)

削ったパーツを染めるのは推奨しないと知りつつも、一か八かで削りを入れたマフィンヘッドも染めてみました。
結果はやっぱり失敗だったのですが。(ヒドイ有様なので写真は自重)
やすりを掛けた部分とそうでない部分の境目に濃い色のラインが浮きあがってしまい、それを誤魔化す為にヘッドを濃く染め過ぎた上に、ラインを消そうと思ってメラミンスポンジで擦った部分がムラとなってしまいました。

ヘッドと手足、ついでに色味が違う関節パーツも塗装したいのですが、調色した塗料を綺麗に塗るとなるとエアブラシがなければ厳しいですね。
手足と関節パーツは小さいので筆塗りでも行けそうですが、ヘッドの方は流石に;
いずれこれ以外に塗装したい物がいくつか出て来たらエアブラシが使える作業スペースをレンタルしに行きますか…。
ちなみに最初はMr.カラースプレーのウッドブラウンでヘッドと手足の塗装をしてみたのですが、ウッドブラウンが思った以上に濃く赤味のない色でイメージと違っていたのでボツとなりました。

上手く行けば褐色肌マフィンが作りたかったんですよね~。
そしてゆくゆくはオークションにも出品などと考えていたのですが、現状出来るのがボディを染めることだけなのと、改良の余地があり過ぎて人様にお渡し出来る所まで漕ぎ着けるにはまだまだ先が長いなぁと言った所です。
今回染めたボディとヘッドをそのままにして置くのも忍びないので、まずは一体自分用に作り上げるのを第一目標とします。

SDNを使って染める作業自体は楽しかったです!
みるみる内に染まって行く様が面白くて。
レジンも染められるらしいので、塗装剥げしたtinoの耳パーツでも染めようかな。



tino-06.jpg

みーきゃんふらーい!

tino-04.jpg

スカイダイビングしてるみたい…。飛んでるようなポーズって難しいですね。

tino-05.jpg

以上、カスタム上手く行かなかったようわわわーん(すんなり上手く行く方が稀ですが)と言った気持ちで撮った写真でした。
ドールにはなんか元気な感じのポーズを取らせたかったのです。

20170419

miku-01.jpg

miku-02.jpg

miku-03.jpg

miku-04.jpg

こ、広告が…お久しぶりです…;
停滞気味でありますが少しずつ進めていたカスタムヘッドが出来ました。
自分なりの初音ミクさんと言った感じです。
白肌のアゾン05ヘッドにボークスのペールブルーとノアドの56番(うすグリーン)を7:3くらいの割合で植えてみました。
ボデイはピュアニーモフレクションMサイズSバストです。(所謂1stライリボディ)
マイクはアクセサリーパーツのチャームを持たせています。

本当は完成後にお嫁に出す予定だったのですが色々ありまして自分の手元に留まることとなりました。
まぁこうして作り上げてしまえば愛着が湧いてしまうもので…。
このミクさんの為にアクアマリンアリサさんの衣装を手に入れちゃいましたし。
今後家の子として大切に置いておきます。

[追記]
お嫁に出すっていうのは身内にプレゼントとしてお渡しする予定でした。
許可なく版権キャラのドールを制作販売している!?とも考えられるような言い方になってましたね;

miku-06.jpg

追加で撮った写真です。

miku-05.jpg

20170304

pnhomhom01.jpg

今回の記事はヘッドパーツのみの写真、市販のキャラクタードールを別人にカスタムする話などが出てきます。
それらが苦手な方はご注意ください。

内容に直接絡む写真は一枚しかないので、我が家にいるキャラドールの一人である ほむほむの写真を最後に三枚載せています。

久々に長々と語っております~。

20150408

マフィンヘッドホワイティ

先日、10mmアイが欲しくなったので通販サイトなどを見てチェックしていたのですがコレ!と言った物が見つけられませんでした;
どうしようかと途方に暮れていた時に、そういえばココシュロのアイを決めかねてた時に購入しておいたドールアイを自作できるパーツキットがあったことを思い出しました。

簡単お手軽に出来る物なので、パーツを見ただけでどう組み立てて作るのかは分かるのですが
具体的にどうやればどんな風に仕上がるのか、何を使えば上手く出来るのかとまでは実際に作って見なければ分からず。
購入当時は必要に迫られない限りは無理に急いで作らなくてもいいやと放置していたのですが
その必要に迫られる時が遂に来たので試しに作って見ることにしました。

↑の写真の子が装着しているのが自作パーツを使用して作ったアイです。

続きから過程をまとめてた内容を記していますが
上手く行かなかった部分もあるので物凄く参考にはなるようなものではないです。
その為、今回も製作「講座」ではなく製作「記録」として
自分が再度製作する際のメモを兼ねた内容の記事になっていますのでご了承ください。

※パーツ状態の写真が数多く出てくるので苦手な方は閲覧注意です。

20150225

前回の記事は写真が少なく文章が多かったですが
今回の記事では写真が多くて文章もまた多いです(おい)

kinnmokusei-girl-01.jpg

カスタムっ子、全身像。

妙にオレンジの髪色にこだわって混色植毛までした
この子のイメージは金木犀(キンモクセイ)です。

一番好きな植物でして、いつかドールで金木犀っぽい子を作りたいと妄想していました。
去年の秋に金木犀の下を歩きながら癒されてたら「今こそ作るべきだ!」と奮起させられ
その完成が今…ってもう冬だよ!!ついでに春も近いぞ。
すみません、正直今年の秋ごろまでに出来ればいいやとか考えてました。
それはそれで絶対に途中で手が止まる。